おまじないについて|悩み相談をしたい、電話で相談できるところを探しているという方は島根県の「ワールドてっぺん」へお気軽にお問い合わせください。

~お悩みとおまじない~幸せを呼び込むお手伝いをいたします。
~お悩みとおまじない~幸せを呼び込むお手伝いをいたします。

おまじないについて

そもそもおまじないとは?

言霊(ことだま)は「言魂」とも称されます。
声掛けをされて励まされるだけでなく、言葉自体に魂が宿っていることを意味します。
日本では古くから物事を動かす大きな力になるとされてきた歴史がありますが、海外でも言葉は重視されてきました。
ヨハネによる福音書には「はじめに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。」と記されていることからも明らかです。
おまじないも言霊と結びついています。
「ちちんぷいぷい、痛いの痛いの、飛んでけ!」といったおまじないは、実は「チチンプイプイ御代(ゴヨ)の御宝(オンタカラ)」から来ており、「知仁武勇御代の御宝」(ちじんぶゆう ごよのおたから)に由来するとされています。
島根県を拠点に全国から電話相談のみで、お悩みの解決ができるのは、おまじないと言霊に強い結びつきがあるためです。

呪術の種類

言葉を使ったおまじない

「ちちんぷいぷい」や「アブラカダブラ」など、昔話やおとぎ話などにも出てくるような言葉によるおまじないです。
子供時代に親や祖父母、幼稚園の先生や近所のおばちゃんから唱えてもらった経験がある方も多いはずです。
マンガに出てくるような魔術師でもないのに、おまじないで辛いことから解放された気持ちになれるのは、言霊が宿っているからにほかなりません。

行為でのおまじない

歴史の教科書にも出てくる卑弥呼の祈りや古くより日本の農村などで行われてきた雨ごい、今でも日本各所で行事や儀式として行われているお祓いや地鎮祭、巫女さんの舞などが該当します。
日本人の生活に根差した風習や文化ともいえ、特に信仰心がない方でも、厄払いに出向いたことや車を購入してはお祓いをしてもらった経験もあることでしょう。

道具を使ったおまじない

マンガやドラマの世界にも出てくるような水晶を使ったおまじないや数珠などを使う方法、榊などを使ってお祓いするのも道具を使うおまじないの一種です。
あまりイメージは良くありませんが、藁人形も、おまじない道具の一つです。
人を呪い殺すといった目的で登場することが多いですが、地域によっては藁人形に厄を背負わせて無病息災を祈るという風習も残されています。
おまじないにもさまざまな方法がありますが、当店は電話相談で対応できる言葉のおまじないでお悩み相談を行います。
古くより、人々の間で親しまれており、多くの方に馴染みがある、言葉のおまじないですので安心です。
対面せずとも、解決できますので、ぜひご相談ください。

お悩み相談からおまじないまでの流れ

1.お問い合わせ

お時間のご都合がある方や相談したい内容がたくさんあるといった方は、まずお問い合わせフォームからご連絡ください。
簡単に悩まれている内容を記載していただきますと、おまじないまでの流れもスムーズとなります。
お問い合わせ内容を確認次第、折り返しのお電話をさせていただきます。
いきなりお電話をいただいても大丈夫ですが、通話中の場合もありお待たせすることもございますので予めご了承くださいませ。

2.お悩み、困りごとをお伺い

何に悩んでいるのか、どう困っているのかなどをお伺いいたします。
体の痛みの場合には、病院で診察を受けるなどして、原因が判明しているかどうかもヒアリングいたしますのでご了承ください。
辛さや苦しみに寄り添いますので、安心してお話しください。

3.おまじない

一人ひとりのお悩みや状態に合わせて、おまじないを行います。
その場で結果がわかりますので、解決スピードも早いです。
もし、1回で効果が得られなかった場合には、その場で何度か繰り返し行います。
個人差もございますので、改善へ導けるまでご対応させていただきます。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • 080-9796-6113
  • 営業時間|10:00~20:00 / 不定休

セールス勧誘や販売は一切ありませんのでご安心ください